シロアリ(白蟻)・床下換気扇工事の防虫連 鳥取県・島根県の防虫・防腐・防湿・換気業者連合会

羽あり前線始まる

今年は例年より羽あり発生が早いと予想しています。

羽あり前線始まる!!

桜の花も例年より早く咲き乱れ、花見に出かけられた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 そんな中、この業界では羽ありシーズンの幕開けが近付いているところです。

毎年、5月の連休明け頃から羽ありシーズンに入ります。・・・が、しかし!今年は皆様もご存知の通りこの暖冬。例年より早く発生するのではと予想しています。

既に、日本しろあり対策協会より

*2月20日・・・広島県 広島市内
*2月26日・・・山口県 宇部市内  
*3月30日・・・広島県 広島市西区・佐伯区・廿日市市・竹原市・東広島市・呉市

上記、羽ありの群飛(ぐんぴ)が確認されたとの報告が入りました。

昨年の防虫連への問い合わせで1番早かったものが4月18日でした。その現場はお風呂場からの発生でしたが、大体にシロアリは常温多湿の場所(台所の洗し台や床下・風呂場・植木棚など)を好むため、特に被害を受けやすいと言えます。

■シロアリとアリの見分け方(下記画像参照)

シロアリ

アリ

触角は真珠のネックレスのように
数珠状をしている。

触角は「く」の字状をしている。

ハネは4枚ともほぼ同じ大きさで
同じ形をしている。

ハネは前翅が後翅より大きい。

腰の部分が細くなっていない。

腰の部分が蜂のように細く
くびれている。

羽あり前線始まる