シロアリ(白蟻)・床下換気扇工事の防虫連 鳥取県・島根県の防虫・防腐・防湿・換気業者連合会

平成20年度 第11回防虫連総会開催

平成21年4月10日(金)に平成20年度第11回防虫連総会をホテル一畑に於いて行いました。
*藤原会長挨拶
藤原会長挨拶

平成21年4月10日(金)に平成20年度第11回防虫連総会をホテル一畑に於いて行いました。顧問の先生方をはじめ、メーカー様、会員企業など総員約40名の出席で事業報告・決算報告・事業計画案・予算案等を審議して可決致しました。

会長の挨拶では、今後の予測が全く出来ないような壊滅的な経済状況の中、防虫連ではそれに伴い「自分で行ける道」への業態の切り替えに取り組んだ。その結果、伸びる要素をつかむことが出来たと同時に「戦う獅子」に変貌させて躍進を計る所存です。

新年度を業態転換の第一ページとして様々な模索をしながら、より強固な体制整備に取り組み、より一層の努力で挑んで行きたいという話がありました。


*前本常務による審議進行
前本常務による審議進行
  • 総会司会は(有)栄和ハウスガード 山根専務が行いました。
  • 議長にフジマ害虫消毒(有) 前本常務が選任され、議案の審議進行を行いました。
  • 決算報告及び予算案審議を布袋副会長が行いました。
  • 監査報告を(有)アピア山陰 宇野常務が行いました。
  • 事業報告及び事業計画案審議を(有)アピア山陰 青木専務が行いました。

また、新たな新理事に

  • セイホ―プロダクツ(株) 大石龍也社長
  • (株)山陰アペックス    越野将行

を選任し、組織力の増強を致しました。

開会・閉会の挨拶はフジマ害虫消毒(有)の前本社長が行い、総会はすべての議案が承認され終了致しました。


この度の総会では、自助努力での取り組みに対する表彰式が行われ、セイホ―プロダクツ(株)大石社長より直々に表彰をしていただきました。

受賞者は、受賞できたことは誇りに思うと同時に、今後への自信につながったと謝辞を述べました。

*表彰式
表彰式
*小林先生による講演
小林先生による講演


講演と致しまして、

  • セイホ―プロダクツ(株)大石社長より「電気製品の劣化について」と題し、表示制度についてのご説明をしていただきました。

  • 三和インセクティサイド(株)小林先生より「床下点検!これからのあり方」と題して、生物劣化に伴う客観的な診断についてスライドを用いて詳しくご説明していただきました。

  • 住化エンビロサイエンス(株)安芸先生より「しろありよもやま話」と題して、シーズン間近となり、改めてシロアリの生態について再確認しました。また、日本でも確認され始めた国外で生息していたはずのシロアリについて『シロアリの世界も国際化』が進んでいるとのお話をしていただきました。


◎毎年恒例になっております今年の羽アリ発生予想は・・・?!

日本経済と同様、自然環境を読むのも難しいことであり予測できないとのことでしたが、平年並みの天候具合でいけば例年通り5月連休明け頃ではないかということでした。

※兵庫県では、4月10日に発生が見られたようですよ!


懇親会では(株)山陰アペックス 大下専務が司会を務め、各メーカー様よりコメントをいただきながら賑やかに、また盛大に行われ司法書士の中西先生の一本締めで終了致しました。