シロアリ(白蟻)・床下換気扇工事の防虫連 鳥取県・島根県の防虫・防腐・防湿・換気業者連合会

ハチ類

ハチ類の多くは、建造物に直接的被害をもたらすものは少ないが、一部は木材に穴をあけたり、あるいは巣の入口の蓋(泥)によって表面を汚すものがある。人体的にはご存知、刺されると大変に危険です。
スズメバチの巣
スズメバチの巣。危険ですので脅すことはもちろん、近づくのも避けた方がいいでしょう。

季節により、地域により被害はさまざま
毒性の強い攻撃的なハチ類には要注意です

ハチ類はもともと自然の中で、自然物をたくみに利用して生活してきたものであるが、人間の建造物に便乗して、生活の場を拡げ、自然林よりも人間の住居近くに繁栄している種類が多い。アシナガバチ類や、スズメバチの一部は、自然林では岩陰や大木の洞などに営巣しているが、建造物は雨露を凌ぐ場所を提供することになり、農村地帯に多く、天然林や都市には少ない。
ハチ類の多くは、建造物に直接的被害をもたらすものは少ないが、一部は木材に穴をあけたり、あるいは巣の入口の蓋(泥)によって表面を汚すものがあります。

駆除方法

スズメバチ

スズメバチ毒性が強く、刺されると死者が出るほど攻撃能力の強いハチ、それがスズメバチです。他のハチよりも巣を守る本能が強く、興奮すると集団で人を攻撃します。
夏の暑い時期に特に活発に活動します。秋になり餌が不足してくると攻撃的になります、スズメバチの巣をおびやかす、例えば、石を投げた、パチンコを打ち込んだ、棒で巣を叩いたりすると警戒が厳重になり、10m以上も斥候蜂が飛び攻撃をかけてくることがあります。

アシナガバチ

毒性は強いがスズメバチほどは攻撃的ではありません。ただ刺激を与え、興奮すると危険なことに変わりありませんので、スズメバチ同様、見かけたら十分な注意が必要です