シロアリ(白蟻)・床下換気扇工事の防虫連 鳥取県・島根県の防虫・防腐・防湿・換気業者連合会

平成29年度第9回総会及び研修会開催

平成30年3月15日(木)に平成29年度第9回総会及び研修会をホテル一畑に於いて行いました。
*左から小林先生、宮崎先生、安芸先生、前西先生
左から小林先生、宮崎先生、安芸先生、前西先生

〔第一部〕研修会

①講師 住化エンバイロメンタルサイエンス株式会社 安芸先生 
                                  前西先生
 演題 「クロチアニジンの各種害虫に対する効果」
    「ヤマトシロアリの生態と群飛予測」

前西先生からは、クロチアニジンの効力を中心にご説明していただきました。
カメムシや蛾といった農業害虫、芝害虫に対する防除効果もあり、幅広い分類群の害虫に高い活性があることが判り現在、不快害虫薬剤として検討中だそうです。

安芸先生からは、ヤマトシロアリの生態を写真も交えて詳しく解説していただきました。※シロアリは単為生殖と言って、1頭でも生殖できてしまうのです。
シロアリの生殖機能恐るべし。。驚き

恒例となっております羽アリ群飛予想!今年も発表していただきました!!

 前西先生・・・5月13日・14日・15日
 安芸先生・・・5月20日・21日・22日

今年は先生方の予想に1週間ズレが生じています。
結果はいかに・・・!!


②講師 三和インセクティサイド株式会社 小林先生  
 演題 メンテナンスは大切なお仕事(その2)」

前回の研修で学んだ内容のおさらいと、床下における木材の腐朽事例を取り上げられ、腐朽の進行と木材強度の関係性についてご説明いただきました。 初期段階でも強度はかなり低下しており、油断はできないということを学びました。

プレイカット加工の重要性や定期的なメンテナンスが恒久的な耐久維持に重要であるということもご説明ただきました。

 

*エイム㈱田中部長様のご講演
エイム㈱田中部長様のご講演

③講師 株式会社ティーエム21 宮崎先生
 演題 「警告!危ういインターネット」

みなさんもSNS利用されていますか?

今回は、SNSを利用するにあたっての注意点をいくつか実験も交えて教えていただきました。
例えば、掲載した1枚の写真から居場所を突き止めることができ、またいくつか掲載していた写真を基に細かい情報をつなぎ合わせて最終的には職業、個人名(本名)、家族構成といった個人情報流出にも繋がり兼ねないということ。

何気なく投稿した写真から被害に遭ってしまう場合もあるということ、わかっているつもりでしたが改めてSNSの怖い部分を知る内容であり、大変勉強になりました。


④講師 エイム株式会社 大阪営業部 部長 田中章浩氏

 演題 「既存木造住宅基礎ひび割れ補修及び耐震金具フレームについて」

住宅の耐震化の進捗情報を映像を交えてご説明いただきました。
マンションや学校の耐震化は進んでいるそうですが、反面で木造の戸建て住宅の耐震化はかなり遅れているそうです。

耐震の重要性・必要性=家屋を守る・家族を守ることに繋がるということを学びました。


 

*総会の様子
総会の様子

〔第二部〕平成29年度第9回総会

藤原会長挨拶
防虫連を発足し、旧防虫連から換算すると21年の歳月が経っている。防虫連は全国的にも珍しい団体であり、各社社員が集まったり、先生方の話を聞き、教えて頂くこと自体この業界のレベルアップ、実力のアップに繋がっている。島根、鳥取の両県下の県民の皆様方には本当のシロアリ防除についての詳しい、或いは正しい施工が協力できる団体と自負しております。世代交代が進む中で、ますます勉強を重ね、より良い施工が提供できるようお願いしたい。

 ・司会は有限会社栄和ハウスガード所属 吉村副会長が行いました。
 ・平成29年度事業報告及び平成30年度事業計画案は、株式会社山陰アペックス所属 木次副会長が行いました。
 ・平成29年度収支決算報告及び平成30年度収支予算案は、株式会社山陰アペックス所属 岡田事務局が行いました。
 ・会計監査報告は、有限会社栄和ハウスガード 小椋監査役が行いました。
 ・今年度の総会では、規約改正案及び役員改選の審議が行われた為、説明も兼ねて議案の審議進行は藤原会長が行いました。

総会すべての議案は拍手をもって承認されました。

※この度、規約改正の一つに本会の名称変更があり、承認されたことにより「防虫連・住宅保存技術業者協会」改め
「防虫連・住宅保存協会」へと変更になりました。


 

*藤原会長挨拶
藤原会長挨拶

この度の役員改選により、防虫連発足以来21年間、会長として本会をまとめてこられた藤原会長が退任されることとなりました。

~藤原会長退任挨拶と新会長の紹介~


藤原会長挨拶
約21年間、本会会長を務めさせてもらった。振り返ってみると同業者4社でスタートし、山陰で研究をして防虫連という組織をつくり、一人ひとりの社員のみなさんが一軒一軒の家を大切に適切な工事をしようと立上げたのが始まりである。その間、いろいろな出来事はあったが、その中で数多くの防除士を防虫連の中で育成したり、正しいシロアリ防除の知識を身に付けて両県下のシロアリ防除の普及に努めてきた。
今日まで末永くご支援、ご指導、いろいろなご鞭撻を頂き厚く御礼申し上げます。

※藤原会長が
退任後は、株式会社山陰アペックス 永田が新会長として就任いたしました。

新会長挨拶
山陰アペックスの永田でございます。この度、本会会長に就任し大変プレッシャーを感じています。藤原会長が今までやってこられたようには私一人ではできないと思いますので、理事の皆様。各社社員の皆様が一つになり力をお借りしながらこの防虫連を力強い会にしていきたいと思っております。


 

*永田新会長挨拶
永田新会長挨拶
〔第三部〕懇親会

宴会進行は株式会社ソウカン 岡本理事が行いました。

三和インセクティサイド株式会社 小林先生の乾杯の音頭で懇親会が始まり、新役員の挨拶をはじめ、賛助会員の皆様からもコメントをいただきながら賑やかに和気あいあいと行われ、有限会社栄和ハウスガード 布袋社長の一本締めで終了しました。


平成30年度、本会は「防虫連・住宅保存協会」の名称変更に加え、永田新会長による新たなスタートを切りました。
4社での旧防虫連12年を第一章、3社での新防虫連が9年を第二章とするならば、第三章の幕開けです。
床下のSOSは私たちにお任せください!
今後とも皆様のお役に立てられるよう取り組んで参りますので、ご支援賜りますよう宜しくお願い申し上げます。